ヒフミド

セラミドの驚くべき効果とは?

セラミドが美肌作りに必要なことはわかっていても、詳しい成分を知っている方は少ないのではないでしょうか。セラミドの効果を詳しくご紹介させていただきます。

 

セラミドと同じくよく耳にする言葉に「ヒアルロン酸」というのがあります。この二つの成分を「似たようなものでしょ」と思っている方も多いです。二つの成分の違いなどもご紹介しますので、美肌を目指しているなら知っておいてくださいね。

 

 

セラミドってどんな成分なの?

 

セラミドは、元々私たちの肌の中に存在する成分で、細胞間脂質の一つです。細胞間脂質とは、細胞と細胞の間にあるもので、油分や水分をしっかりとキャッチしてくれています。これがお肌の潤いやツヤを支えてくれているといっても過言ではありません。

 

細胞間脂質の主成分であるセラミドは約半分を占めています。セラミドの量は加齢とともに減少していきます。セラミドが減少することによって、お肌の乾燥や肌荒れなどといった、肌トラブルが起きやすくなっていきます。

 

また、アトピー性皮膚炎でお悩みの方のお肌をみてみると、このセラミドが非常に少ないことがわかっています。これがお肌のバリア機能を低下させることにつながり、外部刺激に対して弱いお肌となってしまうのです。

 

失われていくセラミドを補給することで、肌のバリア機能をアップさせ、外部刺激にも強いお肌を作ることにつながります。また、いくつになってもきれいなお肌でいたいなら、このセラミドの補給は必須です。

 

 

セラミドにはどんな効果があるの?

 

この成分の効果を大きく3つに分けられます。

 

・高保湿効果
先にも書いていますが、セラミドは細胞と細胞の間を埋めるようにして存在しており、そこで水分や油分をしっかりとキャッチし、潤いとツヤのあるお肌作りをサポートしてくれています。

 

セラミドが入っている美容液などを使用することで、その成分が角質層に浸透し、高保湿効果をもたらしてくれます。

 

・バリア機能をアップ
セラミドは、細胞同士の接着剤的な役割もはたしてくれています。細胞同士に隙間をつくらないことで、外部刺激や細菌などを遮断してくれます。私たちの肌を刺激などから初めに守ってくれるのが、セラミドなのです。

 

セラミドをしっかりと補給することで、肌のバリア機能がアップし、外的刺激や細菌などから肌を守ってくれます。

 

・髪のダメージを修復
この成分は、髪や頭皮にも存在しています。この成分が減少してしまうと、頭皮は乾燥状態となり、髪のパサツキが発生しやすくなります。髪自体にもセラミドは存在していて、髪のダメージを修復してくれる働きがあります。

 

すっかり定番となった「セラミド配合シャンプー」。これを使用して髪にセラミドを与えてあげることで、頭皮の乾燥を防ぎ、髪のダメージを修復してくれる効果が期待できます。

 

 

セラミドとヒアルロン酸は別物?

 

セラミドは細胞と細胞に間に存在し、水分や油分をキープしてくれるものです。一方ヒアルロン酸は、コラーゲンやエラスチンの隙間を埋めてくれるもので、肌の潤いと弾力をキープしてくれるものになります。

 

この二つの成分は加齢とともに減少してしまいます。セラミドは20歳を過ぎてから、ヒアルロン酸は40代後半から一気に減少していきます。年々お肌の潤いを保つのが難しくなり、乾燥やしわ、たるみなどが気になってくるのは、この二つの成分が減少してしまうからなのです。

 

どちらか一方を補給すればいいのではありません。美肌をキープし続けるには、セラミドもヒアルロン酸も、両方を補給していかなければいけません。スキンケアコスメに頼るのもいいのですが、それではどうしてもお肌表面からだけになってしまいます。

 

最近は、セラミドもヒアルロン酸もサプリメントで簡単に補給できるようになっています。お肌表面からだけでなく、本当に保湿力などを高めたいなら、身体の中にも与えていくことをおすすめします。

 

いつまでも美肌でいるために、是非セラミドやヒアルロン酸をしっかりと補給するようにしてくださいね。