ヒフミド

コラーゲンの効果についてまとめてみた

コラーゲンは、サプリメントや飲料などいろんなもので摂取できる時代となりました。この成分がもたらしてくれる効果についてご紹介させていただきます。

 

コラーゲンといえば、お肌をプルプルにしてくれるイメージが強いですよね。確かにそういった効果もありますが、他にもお肌に良い効果がありますので、この機会に知っておくことをおすすめします。

 

 

コラーゲンが持つ役割や効果って?

 

人間の体内には、たんぱく質という物質があります。その3割程度を占めているのがコラーゲンです。さらに、お肌の約7割程度はコラーゲンというのですから驚きですよね。この成分には、細胞と細胞をつなぎとめる役割があります。

 

コラーゲンの効果としてあげられるのは、

 

・お肌のハリを保つ
・潤いを保つ
・シワやたるみ予防や改善
・関節の老化予防
・爪や髪のツヤを保つ
・骨を強くする

 

などになります。よく、美肌になりたいならコラーゲンをとらないといけないといいますよね。この成分が減少したり失われることによって、乾燥したり、ハリのないくすんだお肌になってしまいます。

 

この成分は体内で生成されていますが、加齢によってその量は少なくなっていってしまいます。その生成量は、40代になると18歳ごろの約半分以下にまで落ちてしまうのです。30代に入ると、確実にお肌に変化が現れます。40代になるとさらに乾燥などがひどくなり、様々な肌トラブルに悩まされる方が多くなります。

 

それは、コラーゲンが不足していることも原因の一つとなっていたのです。

 

 

コラーゲンはどうやって摂ればいいの?

 

コラーゲンは毎日の食生活から摂取することができます。主な食材としては、

 

・手羽先
・スペアリブ
・砂肝
・フカヒレ
・カレイ
・ししゃも
・イワシ
・イカ
・アジ

 

などがあげられます。手羽先に煮込みなどをする場合、スープにコラーゲンがたっぷりと溶け出しているので、スープと一緒に召し上がるようにしてください。

 

その他の方法としては、皆さんもご存知だと思いますが、サプリメントや、コラーゲン飲料、ゼリーなどを利用するのが手軽で簡単です。ただ、毎日摂取するのが望ましいのですが、含有量によって価格も変わってきます。コスト的な面をよく考え続けやすいものを選ぶようにしましょう。

 

また、コラーゲンを摂取するうえで注意していただきたいのは、ビタミンCと一緒に摂るということです。この二つを一緒に摂ると、体内でビタミンCがコラーゲンの合成をサポートしてくれます。

 

ビタミンCといえば、キウイやレモンやイチゴなどのフルーツを思い浮かべる方が多いです。ですが、ホウレンソウやブロッコリー、赤パプリカなどにも豊富に含まれています。

 

コラーゲンを食事で摂取するときは、こういったビタミンCが豊富に含まれている食材も一緒に摂ることをおすすめします。

 

 

コラーゲンの摂取量と過剰摂取による副作用について

 

この成分を摂取する場合は1日5〜10gが目安量となっています。ですが、実際食事からとれているのは約1.9g程度にとどまっています。意識して食事の内容を見直せば多少は増えるかもしれませんが、それでも目安量を摂るというのはかなり難しいです。

 

だからこそ、サプリメントなどに需要が集まっているのです。サプリメントであれば、1日に不足しがちな量を確実に補給することが可能です。

 

ただ、美肌効果などを得たいからといって過剰に摂取してしまうと、

 

・吹き出物やニキビなどができる
・アレルギー反応
・肝臓への負担による体調不良

 

などの副作用が出るということもあり得ます。

 

サプリメントには、決められた摂取目安量があります。それを守って飲むようにしてください。たくさん補給したからといってすぐに効果を得られるわけではありません。

 

コラーゲンは毎日適量を補給し続けることで、お肌や身体によい効果をもたらしてくれる成分です。年齢とともに体内のコラーゲンは少なくなっていきます。サプリメントなどを利用して、上手に補給してくださいね。