ヒフミド

セラミド成分の確認方法!化粧品のどこを見たらわかるの?

セラミド配合の商品が人気になっていますが、その成分を確認するにはどうすればいいのでしょうか?化粧品のどの部分にどんなふうに記載されているのかをご紹介させていただきます。

 

最近は購入前にしっかりと成分を確認する方が増えています。セラミド配合となっていてもどんなセラミドが使われているのかも気になりますよね。でも、どこをみればそれがわかるのか、購入の際に役立ちますので、是非覚えておいてください。

 

 

どこをみればいいの?

 

商品のパッケージに「セラミド配合!」「ヒト型セラミド高濃度配合!」といった文字をよく見かけます。でも、それだけではどんなセラミドが配合されているのかちょっとわかりづらいですよね。

 

セラミド成分を確認するためには、その商品に記載されている成分表示をみればいいのです。

 

でも成分表示って、小さな文字で成分が羅列してあって、なんだかわかりにくくありませんか?あんな小さな文字の塊を見ただけで気分が悪くなる、なんて人もいるかもしれません。

 

難しそうに見えて、実は全くそんなことはないんです。まずはしっかりと成分表示の見方を知ることから始めていくことが大切です。コツさえつかめば、パっと見てセラミドが配合されているかどうかを確認することができるようになります。

 

 

成分表示の見方

 

化粧品の成分表示は、その商品本体にシール張り付けられていることが多いです。皆さんも目にしたことがあるはずです。化粧品の成分表示は、配合量が多い物から順番に記載されています。ただし、1%以下のものに関しては順不同になります。

 

多くの化粧品の成分表示の先頭には「水」と書かれています。今自分が使っている化粧品で確認してみてください。

 

次に医薬部外品化粧品の成分表示についてですが、こちらは有効成分から記載されるようになっています。その順番は、配合量順でないことが多く、メーカーごとに大きく違いがあります。ですから、配合量が知りたい場合は、直接メーカーに問い合わせるのが早いです。

 

次に、セラミドが成分表示ではどのようにして表記されているかです。ただ単に「セラミド」と書かれていることはほとんどありません。多くの化粧品の成分表示には

 

・セラミド1(外的刺激からのダメージ機能をサポート)
・セラミド2(保湿機能をサポート)
・セラミド3(保湿機能とシワを軽減)

 

というふうに、番号も記載されています。機能によってそれぞれ番号がふられているということなのです。

 

その他にも、

 

・セレブロシド
・スフィンゴ脂質
・ウマスフィンゴ脂質

 

といった表記もあります。これは誘導体タイプの場合になります。

 

 

成分表示を見る習慣をつけよう!

 

敏感肌やお肌の弱い方は、日頃から成分表示を確認することにはなれているのではないでしょうか。でも多くの人は、購入時にしっかりと確認するということはありません。今後は見る習慣をつけることをおすすめします。

 

といっても端から端まで見る必要はありません。自分が必要としている成分が、本当にちゃんと配合されているのか、一般の化粧品の場合は、最初から何番目に記載されているのかなどだけでも見るようにしましょう。

 

パッケージには「セラミド配合!」と書いてあっても、実際成分表示をみてみると、確かに記載されてはいるけど、かなり後ろの方になっているとしたら、配合量は少ないかもと疑うべきです。少しでも入っていれば「配合!」と書けますから。

 

セラミドがどのように書かれているのか、それさえ知っておけば確認するのも難しくありませんよね。

 

せっかくセラミド配合商品を買ってみても、あんまり入っていないとなるとこれはかなりショックですよね。得られる効果もその程度ということになります。他の配合成分で補ってくれるのであればまだいいのですが、そうでないこともあります。

 

特にリーズナブルなコスメを購入するときには、できるだけ成分表示をチェックすることをおすすめします。