ヒフミド

ヒフミドの口コミを徹底的に調べた結果、わかったこと

その高い美容効果から、ネットや口コミで多くの高評価を得ているヒフミド化粧品。また、製薬会社から販売されていることもあり、非常に安心して使用できます。今回は、多くの口コミが寄せられているヒフミドエッセンスクリームについて、口コミを分析した結果、どのような傾向があるのかをまとめました。

良い口コミの傾向

まず挙げられたのが、その高い保湿効果についてです。肌がしっとり、またふっくらとするという使用感についての口コミが、多く寄せられています。
これらの効果が得られる理由としては、肌に潤いを与える有効成分が配合されているためです。特に注目して頂きたいのが、ヒフミド、リピジュア、グルコシルセラミドの3つの成分です。ヒフミドエッセンスクリームには、成分表に特徴がある為、全成分を以下に記載します。

 

水、BG、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、グリセリン、セラミド2、ダイズステロール、イソステアリルアルコール、ペンチレングリコール、ホホバ種子油、スクワラン、セラミド1、セラミド3、グルコシルセラミド、ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-61、オウバクエキス、PCA-Na、マカデミア種子油、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、α-グルカン、カルボマー、フェノキシエタノール、トコフェロール、水酸化Na

 

この中で注目して頂きたいのが、セラミド1、2、3と、グルコシルセラミド、そしてポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-61の2つです。

 

まず、セラミド1、2、3についてです。一般的なセラミドが配合されている化粧品においては、このように分けて記載しているものはあまり見かけません。その中で、ヒフミドエッセンスクリームがこのように書き分けている理由としては、セラミドがそれぞれ異なった働きを持つ為です。

 

セラミド1は、主に角質周囲の組織に働きかけ、肌をコーティングすることで、外部の刺激から肌を守るバリア機能を持ちます。また、アトピー体質の方は、このセラミド1が不足していることで、バリア機能が弱くなり、刺激に反応しやすくなっています。セラミド2は、セラミドの中で1番保湿力が高く、その含有量も多いことが特徴です。次に、セラミド3は、セラミド2と同様に保湿力が高く、これが減るとシワが目立つようになります。また、加齢に伴い減少しやすいというのも、特徴の1つです。

 

次に、グリコシルセラミドです。セラミドにはいくつか種類があり、原料によって分けることができます。その中でグリコシルセラミドは、植物性セラミドという分類に入ります。この働きとしては、肌の保湿効果はもちろん、バリア機能を高め、老化予防の効果があります。また、セラミドを生成する働きを促進するという役割も持っています。

 

最後に、リピジュアです。これは、成分表の中のポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-61が該当します。このリピジュアの効果は、なんといってもその保水効果の高さです。ヒアルロン酸の2倍もの保水効果を発揮します。元々医療用の人工皮膚や、人工臓器のために開発された成分である為、安全性が高いというのも安心して使用できるポイントの1つです。

 

これらの有効成分が肌トラブルを抑制するとともに、その高い保水効果から潤いを与え、逃さないことで、使用時に高い満足感を得ることに繋がっています。

 

次に、乾燥肌や敏感肌にも効果があるという口コミです。この理由についても、上記に述べた有効成分の効果で説明がつきます。敏感肌の方は刺激に弱く、特に殺菌効果の強い成分や、界面活性剤等の成分が配合されていると痒みが生じることや、赤みを帯びることが考えられます。
この為、肌トラブルを抑える為に上記の成分がバリア機能をもたらし、潤いを与えることで、刺激に対して過敏に反応しやすい状態を改善へと導いてくれます。この為、乾燥肌や敏感肌にも非常に高い効果をもたらしています。

 

また、刺激が少ないという口コミが挙がりました。これは、乾燥肌や敏感肌の方にも使用できるという点にも繋がります。ヒフミドエッセンスクリームには、成分表を見て頂くとわかる通りで、多くの天然由来成分が配合されています。これらの効果により、肌環境を整えていく効果が期待できますが、1番のメリットは、化学成分ではない為、刺激が非常にマイルドであるという点です。刺激が弱い分ピリピリせず、さっぱりとした印象になります。この為、刺激が心配な方でも、安心して使用することができるのです。

 

以下に、良い口コミを挙げます。
製薬会社が作っているということで、とても安心して使用を始めることができました。使用していると、手に肌が吸い付くような感覚になり、肌が潤っているのを実感しました。(24歳女性)

 

乾燥肌と敏感肌にずっと悩まされていました。乾燥肌にはセラミドが良いと聞き、多く配合されているヒフミドを試しました。使用してもピリピリせず、しっとりと潤うのが実感できました。少しずつではありますが、肌の状態も良くなっているように感じます。(32歳女性)

 

口コミで多くの口コミが寄せられていたので、私にも合うかなと思い購入しました。肌にスーッと浸透していくのがわかるくらい、高い浸透力に驚きました。使った後はしっとりと潤っていて、もう欠かせないものになりました。(24歳女性)

悪い口コミの傾向

これだけ高い評価がつけられているヒフミドエッセンスクリームですが、その一方で悪い口コミも寄せられています。

 

まず、肌に合わなかったという口コミです。特に使用した後、肌がピリピリした、赤くなってしまったという口コミが多く挙がりました。
この理由としては、ペンチレングリコールという成分が関係していることが考えられます。ペンチレングリコールは、多価アルコールの1種であり、殺菌効果と防腐剤としての効果を発揮します。比較的低刺激で、安全性の高いカテゴリーに入る成文ですが、元々刺激に弱い方や、アルコールの刺激に対し極端に弱い方に関しては、痒みや赤くなる等の症状が出る可能性があります。
また、多くの天然由来成分が配合されている為、特にアレルギー体質の方はアレルギー反応が生じ、皮膚に赤みを帯びたり、痒くなることも考えられます。この為、成分表をまずは確認し、使用しても問題ないものなのか確認してから、使用することをオススメします。

 

次に挙がったのが、効果が得られないという口コミです。こちらに関しては、成分に問題があるというより、誤った使用方法の為に効果が得られないという可能性が考えられます。セラミド、リピジュア等の高品質な成分が配合されていること、また一般の保湿クリームと比較すると価格が高いことにより、推奨されている成分よりも少ない量でも効果が得られるだろうという独断で使用されている方の口コミを散見します。しかし、こういった使用方法ですと、有効成分の浸透にも差が生じることが考えられ、その結果として効果が現れない可能性、また現れても効果テキメンと言える程の変化は期待で来ません。この為、まずは公式で推奨されている使用方法を守り、正しく使うことが重要です。
以下に、悪い口コミを挙げます。

 

SNSで話題になっていたので、思い切って購入してみました。もともとエタノール系には弱い私ですが、少量なので大丈夫だろうと思っていましたが、やっぱり赤くなってしまいました。セラミド自体にはすごく合っていただけに、残念。(22歳女性)

 

全然効果が得られません。高い保湿クリームだから、少しとって全体に伸ばす程度だったけど、量が少ないのでしょうか。(38歳女性)

 

私の肌には合いませんでした。元々敏感肌なのですが、少しつけてみただけでピリピリするし、痒くなるし。リピートはしません。(25歳女性)

 

非常に多くの口コミが寄せられ、その中でも高い効果が得られているヒフミドエッセンスクリーム。しかし、その中には悪い口コミが隠れています。どうしても良い口コミに目が行きがちですが、これらの情報を無視せず、自己分析をしてから購入することで、肌トラブルを防ぐことが出来ます。製薬会社から販売されているものなので、安心して購入することが出来ますが、その反面、購入の際には注意しなければならない部分があるということにも、気を付けたいところです。