ヒフミド

ヒフミドにはセラミドが含まれていますが、セラミド配合コスメはたくさんあります。でも、決定的に違うことがあるのです。それがヒフミドの最大の特徴でもあります。その違いをご紹介させていただきます。

 

「セラミド」と一言で言ってもいろんなセラミドがあるのをご存知ですか?意外とまだご存知でない方が多いようです。この機会に、セラミドのことを詳しくご紹介しますので、今後のコスメ選びの参考にしてください。

 

 

セラミドって何?

 

セラミドという言葉はよく耳にしますが、一体どんな成分なのか、どうして必要なのかということを知っておくことが大切です。

 

セラミドというのは細胞間脂質のことで、お肌の角質層の中に存在しています。細胞と細胞の隙間を水分と油分で隙間なく埋め、バリア機能の役割を担っています。細胞間脂質の約半分を占めている成分で、元から人間のお肌に存在している成分です。

 

残念ながら、年齢を重ねていくうちに自然とお肌の中のセラミドは減っていってしまいます。セラミドが減少するということは、お肌の潤い力が低下することにつながるのです。年齢とともに「なんだか乾燥しやすくなった」といった声が多く聞こえるのは、セラミドの量が減ってしまっているからだったのです。

 

お肌を保湿する為には「ヒアルロン酸」という方がいます。確かにそれも必要ですが、それ以上に必須なのが「セラミド」です。セラミドの減少はバリア機能の低下を招きますので、外部刺激を受けやすくなり、肌トラブルも起こりやすくなってしまいます。

 

健康な美肌作りにはセラミドは欠かせない成分です。自然とその量は減少していくため、しっかりと補給することが必要です。

 

 

ヒフミドのセラミドと他のコスメのセラミドと何が違うの?

 

セラミドコスメに使われているセラミドには種類があります。このヒフミドに使用されているセラミドは「天然型ヒト型セラミド」といわれるものになります。もともと人間の皮膚に存在しているセラミドと構造が同じなので、お肌の奥深く、角質層まで自然に浸透させることができます。

 

他のセラミドコスメに使用されている「合成セラミド」や「合成疑似セラミド」などは、お肌に存在しているセラミドとは構造が違う為、浸透力が全くちがってきます。

 

また、保水力を合成セラミドと比較した場合、ヒフミドのヒト型セラミドは約3倍とかなり高くなっています。浸透力も保水力も、他のコスメとは一線を画しているといえるほどのレベルです。

 

お肌の状態によっては、満足のいく保湿力を実感しただけない方もいらっしゃるようですが、それは口コミを見る中ではごくわずかです。今までヒフミド以外のセラミドコスメを使用されていて、満足のいく効果を実感できなかった方は、一度ヒフミドをお試しになってみてください。

 

ヒフミドには、すべての商品にヒト型セラミドが配合されています。他のコスメだと、「化粧水だけ」「クリームだけ」といったふうに、特定の商品にしか含まれていない場合があります。それでは十分な量を補給することはできないのではないでしょうか。

 

全ての商品をライン使いしていただくことで、他の化粧品とは比較にならないほどの保湿力を実感していただけるはずです。

 

 

セラミドは与え続けることが必要!

 

セラミドというのは、お肌に与えてそれが蓄積されるわけではありません。皮脂のように洗顔やお肌をこすったりすることで、落ちていきます。何もしなければ減っていくだけでお肌に良くありません。

 

ヒフミドのヒト型セラミドを与え続けることで、お肌は内側からハリや弾力を取り戻し、バリア機能も復活!まるで若さを取り戻したように、健やかな美肌へと生まれ変わっていくのです。ヒフミドをご使用になれる際は、必ず朝と夜、しっかり1日2回お肌をケアしてあげてください。

 

通販限定商品となっているので、気軽に店頭で購入することができません。これからヒフミドでケアを始めてみたいとお考えの方は、まずは公式サイトをチェックしてください。お得なお試しセットが販売されています。そちらを利用していただくだけでも、ヒフミドの高い保湿力は実感していただけるはずです。