ヒフミド

ヒフミド化粧水の気になる口コミや評価について徹底解説!

その高い効果から、ネットやSNSで話題となっているヒフミドシリーズ。今回は、肌に潤いと、豊かなハリを与えると話題のヒフミド化粧水について、寄せられた口コミを分析した結果について、良い口コミ、悪い口コミそれぞれの傾向をまとめました。

良い口コミについて

まず、良い口コミとして挙げられたのが、その高い保湿効果です。ヒフミド化粧水は、高い保湿効果を売りにしている商品であり、多くの購入者はその効果に期待している為、こうした口コミが多く寄せられています。具体的に保湿効果を担う成分は、セラミド1、セラミド2、セラミド3、リピジュア、グリセリルグルコシドという成分です。
まず、セラミドについてです。セラミドにも種類があり、この化粧水には3つの種類が含まれています。なぜ複数のセラミドが配合されているのでしょうか?それは、それぞれ働きが異なる為です。
まず、セラミド1は、主に肌の角質に働きかけ、外部刺激から守るバリアの役割を持ちます。次に、セラミド2ですが、セラミドの中でもっとも高い保湿効果を持ち、ヒトが持っている中でも1番多いのがこのセラミド2になります。この為、セラミド2の量が不足することによって、肌全体の保湿能力が低下すると言っても過言ではありません。最後に、セラミド3です。こちらもセラミド2と同様、高い保湿効果をもたらします。さらに、乾燥肌や、シワの予防にもなります。
次に、リピジュアです。このリピジュアは、成分の中のポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-61という成分が、これに当たります。リピジュアは、元々医療の現場で使用されていたものになります。その後、その高い保湿効果が注目されるようになり、最近では多くの化粧品で使用されるようになりました。その保湿効果は、ヒアルロン酸の2倍とも言われています。この為、高い保湿効果に期待できるのが、リピジュアになります。
最後に、グリセリルグルコシドについてです。高い保湿効果をもたらすだけでなく、水分を一定に保つ働きをもつことから、外部刺激から肌を守る働きを持ちます。

 

これらの有効成分により、高い保湿効果を発揮し、肌に潤いをもたらす為、保湿効果に対する口コミが多く寄せられています。

 

次に、乾燥肌や、敏感肌が改善されたという口コミです。これは、先程述べた保湿成分による影響によるものです。肌を保湿するだけでなく、バリア機能も有していることから、外からの刺激を受けにくく、肌環境を整えていくことで、こうした効果が得られていると考えられます。

 

また、その使用感にも多くの口コミが寄せられています。使用した方の中には、しっとりとする、肌に吸い付くような感じ、ずっと顔に触っていたいというような口コミが挙がりました。これも、セラミドやリピジュアをはじめとした保湿成分によるものです。
良い口コミの傾向としては、その保湿効果がもたらす効果について述べられているものが非常に多く挙がりました。この為、ヒフミド化粧水においては、非常に高い保湿効果が期待できるということが言えます。

 

以下に、口コミを挙げます。

 

色々な化粧品を試してきたなかで、一番自分にぴったりしているようです。乾燥した肌にも、セラミドが合うようで、しっとりと手に肌が吸いつくようです。たまに別の化粧水を使ってもヒフミドに戻ってしまうくらい信頼しています。(24歳女性)

 

しっとりとして、もちもちと手に吸い付くような使い心地です。元々乾燥肌だった私ですが、使用していくにつれ肌のトラブルが減りました。これも、セラミドの効果かな?(32歳女性)

 

いろんな化粧水を試してみたけど、ようやく自分に合うものが見つかった!という感じです。保湿、使用感どれをとっても百点満点です。(42歳女性)

悪い口コミについて

ここからは、悪い口コミについて述べていきます。このヒフミド化粧水は、非常に多くの口コミが寄せられていますが、悪い口コミを探すのが難しいくらい、良い口コミで溢れています。
その中で、特に多かったのが、効果が得られないという口コミです。この口コミに関しては、その使用方法が適切でない場合が多いです。
特に、セラミドやリピジュア等の高い保湿成分が含まれていること、更に一般的な化粧水よりも割高であること等から、1度の量を少なくしている方に多く見受けられます。1回の使用量が少ないことにより、有効成分の浸透力が落ち、その効果が薄くなることが考えられます。この為、適切な効果を引き出すためには、まずは公式で推奨されている使用方法を守ることが重要です。

 

次に、肌が赤くなった、また痒くなったという口コミです。これは、ペンチレングリコールと呼ばれる成分の影響であることが考えられます。ペンチレングリコールとは、グリセリン等と同様の、多価アルコールと呼ばれるものになります。化粧品に配合される場合は、抗菌剤や防腐剤として配合されている事が多いです。含有量自体は微々たるものですが、アルコール系の刺激に弱い方には、赤みが出ることや、痒みが生じることがありますので、注意が必要です。
また、ホホバ種子油や、マカデミア種子油等の天然由来成分も配合されています。公式では、アレルギーテスト、スティンギングテスト済みとの記載がありますが、その但し書きにもある通りで、すべての方にアレルギー反応が生じないということではありません。この為、使用する際には成分表を確認し、自分に合うものかどうか確かめてから使用することをオススメします。

 

以下に口コミを記載します。

 

私の肌には合いませんでした。敏感肌で毎日の洗顔から水分保湿まで丁寧にしています。使用後には、赤くなってしまい、痒みも出ます。(27歳女性)

 

製薬会社が作っているという事もあり、安心して使用していました。有効成分が多く配合されている為、少量でも効果があるだろうと期待していましたが、全く効果がありませんでした。値段が高いだけに、残念です。(39歳女性)

 

元々アルコール系の刺激に弱い私でしたが、パッチテスト済みという記載があったので、安心して使用を決めました。しかし、実際に使用してみると、やはりピリピリするし、痒くなるし、全然合いませんでした。(19歳女性)

 

多く寄せられている口コミを分析した結果、非常に高い効果をもたらす反面、使用する方によっては、アレルギー反応が生じることや、また痒みや赤みが生じるというリスクもあるという事がわかりました。特に、その口コミの多くが良い評価となっているヒフミド化粧水ですが、悪い口コミにも耳を傾けることで、使用した後に肌トラブルが生じるリスクを減らすことが出来ます。