ヒフミド

セラミドパックの決定版!市販で効果の高いおすすめのものは?

セラミドはお肌の保湿になくてはならないものです。お肌の悩みの原因として共通しているのが乾燥。水分や油分が失われて潤いがなくなると様々な肌トラブルが発生してしまいます。表面だけの潤いではなく中から潤う為には、角質細胞レベルでセラミドは欠かせないものとなっています。セラミド配合のスキンケア用品も様々なメーカーから発売されていますが、使い方や効果も様々です。化粧水やローション、クリーム、美容液などラインでお使いの方もいらっしゃいますが、今回はパックに注目したいと思います。よりセラミドが肌内部に浸透し、効果のあるパックにはどんなものがあるのでしょうか?

 

セラミドパックの賢い選び方

 

市販のセラミドパックには、美容液シートという名前で販売されているものもありますが、様々な種類のものがあります。まず、その中から何を基準に選んだらいいのでしょうか?それは、その他の化粧水やクリームのようなセラミド配合化粧品と同じで、「セラミドの配合量」と「セラミドの種類」に注目して選ぶ事がおすすめです。「種類」としては、植物セラミドやヒト型セラミドが浸透の良さもあり馴染みやすいのでおすすめです。植物セラミドは敏感肌にも優しく、肌トラブルが起きやすい方にも安心してお使いいただけます。パックに配合されているセラミドが、成分としてナノ化されているものであれば浸透力は更に高まるので保湿効果はかなり望めるでしょう。また、パックに染み込んだ美容液が蒸発しない為に、上からラップなどで蓋をするように覆ってあげるのも効果をアップする一工夫です。

 

セラミドパックの正しい使い方

 

セラミドパックとひと言で言っても様々なタイプがあります。例えば、「シートマスク」「クリームパック」「拭き取りパック」「洗い落としパック」「はがすパック」などになります。セラミドでの保湿に一番適している形は、肌に塗った後に石膏のように硬く固まり、その後に洗い落としていくというパターンです。という事は、いかに密着させて浸透させられるかなので、パックを隙間なくぴったりと肌に密着させて時間を置くことが正しく効果をより上げる大切なポイントになります。シートタイプは更にラップなどで覆う事により肌との密着を高めたりすると効果的ですし、逆にクリームタイプは油分が肌に多すぎてしまう事もあるので、お肌のタイプをよく見極める事も大切です。また、はがすタイプはセラミドの染み込みは良くてもはがす際に肌に余計な負担をかけて
しまってかえって肌を傷つけてしまう事もあるので、あまりおすすめできるタイプではないと言われています。

 

市販のセラミドパックのおすすめ

 

・ルルルン プレシャスレッド
セラミドとお米の力で潤う肌へ。4種類のお米の成分、米セラミド・米ぬか油・加水分解米エキス・紫玄米ぬかエキスがキメを整えて張りのあるお肌に変えます。米ぬか油・つばき種子油が硬くなった角質層をやわらかくほぐし潤いを与えて有効成分が深くまで浸透しやすくなります。美容液がたっぷり染み込んだ極厚なシートがお肌に密着して贅沢な気分になれます。
・フレッセラ セラミドマスク
ローズマリー・キュウリ果実・ホップエキス・ヤナギランエキス・レモンエキス・アルテア根エキスなど豊富な天然保湿成分を配合した美容液をたっぷり含んでいます。ビタミンB6誘導体と天然型のセラミドが角質層の奥までくまなく染み込み、ハリや潤いを与えます。ラベンダー油の優しい香りでリラックス効果もあります。
・肌美精 うるおい浸透マスク ひきしめ
特に毛穴の開きが気になる方にひきしめ効果を優先して配合された天然熟成温泉ミネラルがひきしまった美肌を実現します。更にアミノ酸とセラミドが潤いを与えて、独特な炭の成分を含んだ黒いシートで健やかな肌を作ります。